スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方Project × My girl (Document Version) 解説1 

先に今回の記事の言い訳をしておきます。


『東方Project × My girl (Document Version)』を視聴されて「イイハナシダナー」と思われた方は、それでいいんです!月の天才が地球上の小さな郷でグダグダしてるのはとても平和でかけがいのないことなのですから!その思いが正解なんです!



なぜこんなことを叫んだのかというと、今回は『東方Project × My girl (Document Version)』の「良い話じゃない見方」を解説するからです。


そう。この動画は良い話でもあり酷い話でもあるのです。








輝夜は決して良い子などではない、という考えが僕にはあります。


その考えを持つようになったきっかけは東方永夜抄のおまけテキスト内でのZUN氏による「この姫は結構悪い事してんのよ」というコメントです。

「なぜ神主はわざわざ悪者であることを主張しているんだろう?」と僕は疑問に思いました。

正直、輝夜は東方というゲームの中ではかなりおとなしい印象があります。

レミリアや幽々子がかなりの悪事を起こしたのに対し、彼女はただ引き籠もっていただけですから。


ならば、彼女のした悪事とはなんだろう。竹取物語に語られている、貴族に無理難題を吹っ掛けたことか?それは確かに良い趣味じゃないけれど、それだけなんだろうか。


そんなことを考えに考えた結果、僕の出した答えは「蓬莱人としてのうのうと生きることが輝夜の悪事」というものでした。

蓬莱人としてのうのうと生きること、それはつまり「蓬莱の薬を作らせ、それを飲み蓬莱人となり、そして月からの追手を振り切って好き勝手に生きること」。

そしてそれは、「八意永琳を意のままに操ること」とイコールだと僕は思いました。








『東方Project × My girl (Document Version)』はそういった輝夜の悪事を表現した動画なのです。

胸糞悪い言い方をすれば、「永琳が輝夜に踊らされている様を表現した動画」です。


一見すれば、動画内での輝夜は悲劇のヒロインです。

少なくとも、動画内の永琳は輝夜を悲劇のヒロインだと考えています。

しかし、悲劇のヒロインの仮面を被りながらも計画通りに事が進んでいることに笑みを浮かべている悪女が僕の考えた輝夜なのです。



動画内では意図的に口元を見せていないシーンが二箇所あります。

まい1

まい2

視聴された多くの方は、この二シーンにおける輝夜の心情は「驚き」と思われているかと思います。

しかし、その実は画面外で笑みを浮かべており、どこぞの新世界の神になろうとした男よろしく「計画通り」と思っているのです。

退屈な月での暮らしから脱するために永琳の作った蓬莱の薬を飲んで地上に落とされたのも計画通り。その結果罪悪感を持った永琳が輝夜のために使者を撃退するのも計画通り。


この二シーンに限らず、動画内の全てのシーンが輝夜にとっては計画通りのことです。

アルパカだって本気で飼おうとなんてしてません。永琳とギャーギャー言いあって陰鬱な永琳の心を晴らすために用意しただけです。

その後のてゐとの会話も、永琳が廊下にいることを見越して交わしたものです。


そして、そんな輝夜を見ててゐは「姫様は本当にどーしようもないなぁ…」とボヤくのです。








これが『東方Project × My girl (Document Version)』の酷い話としての見方です。








輝夜と永琳の二人は、東方の中で僕が一番好きなコンビです。

それは、ただ純粋な仲間だからではなく、汚れた行いや損得計算で割り切れない気持ちといったエグいものを含んだ上で従者という関係に収まっているからです。

だからどうしても、ただの良い話にしか見えない動画は作りたくなかったのです。



この記事を読まれて気分を害した方、申し訳ありませんでした。







こんな内容なので、動画をあげた直後に解説記事を書けなかったんですよね……。

初見の感想を忘れたころに、この記事を見て「そんな見方もできたのかー」と思って頂ければ幸いです。



次回は、『東方Project × My girl (Document Version)』の良い話としての解説をしたいと思います。

では。


スポンサーサイト
東方Project × My girl (Document Version) 解説2 | HOME | 憧れの二足歩行巨大ロボが幻想郷に!

COMMENT

感服いたしました。

申し遅れました、私、黒岩という者です。
(レティとは関係ありません、本名でもありません)

前回解説なされた、前半後半の違い、
歌詞はpillowsのMy girlと同一でも物語が違う、それでいて歌詞から逸脱しない。
ただこれだけでも面白いというのに、
まさか、そこまで考えた上でコンテ切っていようとは気付きもしませんでした。

感服としか言いようがありません。
次作も東方Project×the pillowsの手描きMADを作って頂けたら、
と願って止みません。


永遠亭は最高です。
2009/08/26(水) 20:06:40 | URL | 黒岩 #tSD0xzK. [Edit]
<黒岩さん

お誉めの言葉、ありがとうございます。

自分としては、『東方×My girl』は色々と積み込み過ぎたのではないかと恐恐としていたのですが、面白いと感じて頂いたのなら非常に嬉しいです。

次作は、詳しいことはまだ考えていないのですが、the pillowsの楽曲ではないものを扱おうかと考えています。
ご期待に添えず、申し訳ありません。
手書き動画で扱ってみたいthe pillowsの楽曲はまだまだあるのですが、それはもう少し僕に画力がついた暁に作りたいと考えているのです。
どうか、ご了承ください。
2009/08/27(木) 02:30:54 | URL | そっそー #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

当ブログについて

当ブログは色々とフリーです。
リンクなり画像使用なり、気の向かれるままににどうぞ。

バナーはこちらをお使い下さい。
ジントニックを傍らに

なにかありましたら、sossososso22☆gmail.comまでご連絡下さい。(お手数ですが、☆を@に変えて下さい。)

自作動画

プロフィール

そっそー

Author:そっそー
だいたいこんな感じ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。